【ダービー】ブラストワンピース破壊力抜群の末脚で無敗V(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

平成最後のダービーを勝つのは、“規格外”の怪物だ。ブラストワンピースが史上11頭目の無敗Vを決める。

 無傷V3を飾った毎日杯はまさに圧勝。直線入り口で内ラチに接触してもひるまずに2馬身突き抜けて、「自分が求めていたものに応えてくれて結果も内容も満点」と、池添騎手は花マル評価だ。

 さらにVタイム1分46秒5にも注目。実はこれまでに毎日杯を1分46秒台で制した馬は、ダービーで08年ディープスカイがV、13年キズナがV、14年マイネルフロストが3着、17年アルアインが5着とオール掲示板。好走は約束されたようなものだ。

 前記4頭と異なるのは、毎日杯からの直行を選択したこと。しかし、これには明確な理由がある。

 「競馬のあとは背腰に疲れが出るので、目標に向けてベストの臨戦過程と判断した。以前とはローテーションの概念が違ってきている」と大竹調教師。思えば同じシルクレーシング所有のアーモンドアイは、シンザン記念からの直行で桜花賞制覇。強ければ本番前のひと叩きなど必要なし-まさに新時代のダービー馬にふさわしい。

 23日のWコースは5F67秒3。追われてからの反応が鈍く映ったが、「調教ではモタモタするが実戦では全然違う」と池添騎手。帰厩当初は牛のように太く見えた馬体も気温の上昇とともにスッキリして、当日はおそらく、ひとケタ台の馬体増で済むだろう。

コメントは受け付けていません。