【葵S】オペラオー主戦の和田騎手騎乗ゴールドクイーンは2着同着「1200メートルはいい」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

5月26日の京都11Rで行われた新設重賞、第1回葵ステークス(3歳オープン、未格付け、芝・内1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の9番人気ゴールドクイーン(牝、栗東・坂口正則厩舎)が逃げ切って、初代覇者となった。

 葵Sは現役時代にJRA最多タイ記録のGI・7勝を挙げ、5月17日に22歳で死んだテイエムオペラオーの追悼競走として実施。同馬の主戦を務めた和田竜二騎手はラブカンプーに騎乗し、好位の内めにつけトゥラヴェスーラとの2着同着を果たした。

コメントは受け付けていません。