被害届出した関学大QBの父、加害者DLに減刑嘆願書募集のお願い/アメフット(サンケイスポーツ)

アメリカンフットボールの定期戦(6日)で、日大の宮川泰介選手(20)が危険なタックルで関学大の選手を負傷させた問題で、負傷したQBの父、奥野康俊さん(52)は26日、兵庫・西宮市内で会見を開き、危険なタックルで負傷させたとして被害届を出した宮川選手についての減刑嘆願書を募集すると明らかにした。

 真相を会見で告発した宮川選手を外して、日大・内田正人前監督(62)、井上奨(つとむ)前コーチを被疑者として被害届を出そうとしたが、負傷させた宮川選手を被告訴人に入れないと受理できないとされたため、今回の措置に出た。

コメントは受け付けていません。