周志が序ノ口V「落ち着いていこうと」平常心崩さず(日刊スポーツ)

<大相撲夏場所>◇13日目◇25日◇両国国技館

 序ノ口は、6番相撲を終えただ1人、全勝だった東11枚目の周志(しゅうじ、22=木瀬)が、序二段で6戦全勝だった海士錦(27=八角)を会心の相撲で押し出して、3度目の各段優勝を決めた。

【写真】海士錦に激しく攻める周志

 「自分には意地というか、経験があるので、落ち着いていこうと思ってました。冷静に手が伸びていました」と平常心を崩さなかった。

コメントは受け付けていません。