【プレビュートーク】夕刊フジ・村瀬、ダノンプレミアム底力信頼(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

★日本ダービー

 村瀬 春の気合の一鞍、オークスは◎▲○。

 南 ワシの◎ラッキーライラックは3着で…。

 村瀬 ラッキーが2着ならもっとよかったけど、これも競馬かな。

 南 しゃあない。切り替えて大一番や。

 村瀬 さ、やってきました。ダービーです。だいたい皐月賞と青葉賞が終わると本命決めちゃうんですけど、今年は簡単じゃありません。こんな年、初めてですよ。

 南 レアケースやもんなあ。ワシも決めかねとるけど、週明けは◎キタノコマンドール。ムードはええで。ハナ差で5着に滑り込んで出走権を得た強運の持ち主や。

 村瀬 ビートたけし命名で話題先行かと思ったけど、中身が伴ってきましたね。

 南 1週前は3頭併せで遅れたけど、相手の1頭はペルシアンナイト。安田記念の主役級の馬やで。よう食い下がっとる。「広いコースがいいし、左回りのほうが追いやすそう」と池江師。前走の12キロ増は輸送を考えて手加減したかららしい。その分、今回はビシビシやで。

 村瀬 なるほど。上積み大か。ただ、こういう年こそ年明けあたりの評価に立ち返るべきだと思うんです。ボクは1週前のVTR見て◎ダノンプレミアムに戻ろうかと。

 南 猿橋助手は「やると走ってしまう馬。だから丁寧に仕上げてきた。待つことも教えている」と。ニュアンスとしてはよう分かるけど、「順調な組との差は正直あると思う」ともゆうとった。

 村瀬 そりゃあそうですけどね。ただ、底力は完全に一枚上。1週前のCW6F79秒1、ラスト1F11秒2を見て、かなり良くなっている印象を受けました。

 南 ワシも◎候補として保留。最終追いに注目やな。

 村瀬 原点、という意味ならワグネリアンも。要は弥生賞の2強です。

 南 ずっとここから逆算してやってきたわけやから。1週前は7F92秒8のラスト1F11秒8。こんなにビシビシやったんは久々やで。

 村瀬 やっぱり相当な気合を感じます。

 南 友道師は「今回は落ち着いているから攻められる。(ともに出走する)エタリオウ、ポポカテペトル(目黒記念に出走)と一緒に行けるのは間違いなくプラス」ゆうて前向きやった。ちなみにエタリオウは「前走で初めて真面目に走った。持ってるものを全部出したら、距離はいくらあってもいい」やて。

 村瀬 菊花賞タイプかな。ボクは徹底的に原点回帰で▲はステルヴィオ。距離は微妙だけど、東京向きなのは明らかですからね。

 南 皐月賞馬の名前も出さんとアカンで。エポカドーロは藤原英師が「前走が大目標やったから」と言いつつ、「気持ちが勝っているけど、言うことを聞くところがいい」とも。距離は大丈夫ゆうことやろな。

 村瀬 母ダイワパッションはフィリーズレビューの勝ち馬。父オルフェーヴルといっても走りのイメージはお母さんっぽいんだよなあ。

 南 京都新聞杯勝ちのステイフーリッシュもおるし、サンリヴァルも坂路で快調。難解やな。

 村瀬 3戦全勝のブラストワンピースに、皐月賞の内容がNo.1とすらいえるジェネラーレウーノも。本当に今年は大変。

コメントは受け付けていません。