栃ノ心が9連勝で単独首位堅持 2横綱と千代の国が1差追走/夏場所(サンケイスポーツ)

大相撲夏場所9日目(21日、両国国技館)大関とりに挑む関脇栃ノ心(30)は、平幕大栄翔(24)を寄り切って9連勝。単独首位を堅持した。

 休場明けの横綱白鵬(33)は平幕琴奨菊(34)を上手投げ、2場所連続優勝を目指す鶴竜(32)は平幕正代(26)を押し出しで下して、ともに勝ち越しを決めた。同じく1差で追う千代の国(27)は豪風(38)を突き出し、平幕で勝ち越し一番乗り。ただ一人全勝の栃ノ心を2横綱とともに追走する。

コメントは受け付けていません。