【目黒記念】昇り龍パフォーマプロミスGII連勝だ 父子制覇からGI舞台へ飛翔(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

東京ダービーデーのラストは「第132回目黒記念」。宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)につながる一戦で昇り龍パフォーマプロミスがGII連勝を狙う。

 3歳9月の遅いデビューから3連勝。停滞期もあったが、昨年3月から6戦連続3着内と軌道に乗り、前走・日経新春杯で重賞初挑戦Vをやってのけた。「大事に使ってきて体質がしっかり。精神面も成長」と、田代助手は躍進の背景を語る。

コメントは受け付けていません。