【清水】昨季王者の川崎に3点差完敗…今季7度目完封●(スポーツ報知)

◆明治安田生命J1リーグ第15節 川崎3―0清水(20日・等々力陸上競技場)

 清水エスパルスは川崎に0―3で惨敗し、W杯による中断前最後の試合を飾れなかった。3点差での敗戦は今季ワーストで無得点は今季7度目だ。

 “川崎劇場”の引き立て役となった90分が終わった。昨季王者との圧倒的な実力差の前に、なすすべがなかった。ヤン・ヨンソン監督(57)は「川崎を祝福したい。勝ちに値するゲームだった」と完敗を認めた。

 序盤から腰が引け、好き放題ボールを回された。前半19分にFKを放り込まれ、同33分にはファウルと思い込んで足を止めた瞬間にボールをさらわれ失点。指揮官は「あまりに消極的だった」と言い、竹内主将も「策がなさ過ぎた」とうなだれた。

コメントは受け付けていません。