リレー侍、大会新記録で独走V!桐生「まだまだタイムを上げていく」/陸上(サンケイスポーツ)

陸上・セイコー・ゴールデングランプリ大阪(20日、ヤンマースタジアム長居)男子400メートルリレーで、山県亮太(25)=セイコーホールディングス、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(22)=日本生命、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=のリオデジャネイロ五輪銀メダルメンバーで臨んだ日本Aは37秒85の大会新記録で優勝した。

 ◆山県亮太 「この雰囲気を楽しみにながらいいレースができた。37秒台を狙っていた。東京五輪で金メダルを目指してがんばっていきたい」

 ◆飯塚翔太 「会場の雰囲気とすばらしいライバルと走れたことがいい記録の要因」

 ◆桐生祥秀 「先輩方がいい流れを作ってくれた。気持ちよく走れた。まだまだタイムを上げていくつもり。金を目指していくことは変わらない。タイムも順位も取っていきたい」

コメントは受け付けていません。