13日の馬場状態 石橋騎手、東京の芝は「週中の雨でちょうどいい状態。雨が降らなければ内外の差もない」(サンケイスポーツ)

★東京競馬場

午前9時30分現在、天候=曇、芝=良、ダート=良

 芝はBコース(内から3m外に仮柵)。土曜の京王杯SC(芝1400m)は1分19秒5(良)のレコード決着。差し・追い込みが目立ったが、内ラチ沿いのコンディションもいい。多少雨が降っても馬場が悪化することはない。

 ◎降水確率=午前20%、午後60%。

 ◆石橋騎手「週中の雨で芝はちょうどいい状態。雨が降らなければ、内外の差もない」

★京都競馬場

午前9時30分現在、天候=小雨、芝=良、ダート=良

 芝はDコース(最内から直線部10m、曲線部9m外に柵)を使用。土曜の6鞍(障害除く)は、速い上がりが求められるレースが多かったが、降雨によって傾向が変わる可能性もある。早めに見極めたい。雨ならダートは前有利。

 ◎降水確率=午前60%、午後90%。

 ◆酒井騎手「芝は内外の差がなく走りやすい。ダートもパサパサすぎずいい馬場」

★新潟競馬場

午前9時30分現在、天候=曇、芝=良、ダート=良

 芝はBコース(Aコースから4m外に内柵を設置)を使用。土曜は内回りで人気薄の前残りが目立った。外回りは差し有利。ダートは先行勢優位で推移した。雨は午後から降る予報で、傾向の変化に注意を払いたい。

 ◎降水確率=午前40%、午後90%。

コメントは受け付けていません。