【東京六大学準硬式野球】法大が競り合いを制する(スポーツ報知)

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 法大4―3明大(12日・法大多摩)

 法大が競り合いを制して初戦をものにした。3回、連打で好機をつくると敵失、石橋優一郎(4年=徳島北)の犠飛で2点を先制。4回に竹内悠(4年=藤代)、5回に石橋の適時打で1点ずつを加えた。明大も1点を追う6回、谷口秀人(1年=広陵)、小泉圭太(4年=佐野日大)の適時打で1点差に詰め寄るが、法大は7回から登板した尾崎海晴(2年=鳴門)が好投し、明大の反撃を封じた。

コメントは受け付けていません。