[女子バスケ]進化した日本スタイルを構築し、世界に挑む(月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バスケットボール

9月22日から始まるワールドカップを控える女子代表にとって、ラトビアと対戦した三井不動産カップ2022(8月11日、12日@ゼビオアリーナ仙台)は、コロナ禍にあって貴重な経験を詰める国際ゲームであるとともに、メンバー選考の上でも重要な位置づけだった。

[写真]Akatsuki Japan女子、ラトビアに連勝

 昨年の東京2020、続くFIBAアジアカップにも出場している宮崎早織(ENEOS)にしても、決してポジションが確保されているわけではない。「ポイントガード(PG)はポジション争いが激しい」と宮崎が語るように、昨シーズンはドイツでプレーし優勝に貢献、MVPも獲得した安間志織(UMANA REYER VENEZIA/イタリアリーグ)、東京2020に出場し、得点力がある本橋菜子(東京羽田)、東京2020では3×3で出場、安間の抜けたトヨタ自動車の正PGに座り、見事Wリーグ連覇を果たした山本麻衣、さらに東京2020では正PGを務め、現在WNBA挑戦中の町田瑠唯(ミスティックス/富士通)も恩塚亨HCは代表候補だと語っている。そうした厳しい代表争いは、言葉を換えれば、日々高いレベルでの切磋琢磨となる。宮崎自身も「自分の成長につながっている」とポジティブに臨めていると話す。それまでシュートタッチが合わなかったと言うが、この大会では2試合目に3ポイントシュート(3P)4本全てを決めて、結果を出した。

 一方で、トム・ホーバスHCから恩塚HCへと変わったことで、求められるプレーが変わり、そこにアジャストしていくことも求められている。宮澤夕貴(富士通)は「トムさんのときは、オフェンスでは3Pという役割が明確でした。今は、『ドライブしてもいいよ』と選択肢が増えたことで、どちらが良かったのか考えてしまう部分もあります」と語る。ただし、チームの問題ではなく「私自身がどう判断するかという問題」と宮澤。また、故障から復帰し、日本代表に戻ってきた渡嘉敷来夢(ENEOS)は「自分はもっとできる」というイメージがあるのに、そこまでできていないモヤモヤを感じてもいると言う。

 トム・ホーバス体制でオリンピック銀メダルを獲得した女子代表。次なる目標は金メダルしかない。そのためには当然ことながらアメリカに勝つことができるチームにならなければならない。もちろん、他の強豪国にも負けないチーム作りが求められている。さらに銀メダルを獲得した日本のスタイルは研究され、対策されてくることは必至だ。しかし、考え方を変えれば日本はトランジションが早く、3Pを中心に攻撃してくるといったことに、相手が対策してくることが分かっているわけであり、それを逆手に取りつつ、女王・アメリカにも挑戦できるスタイルを構築しようとしているのだ。

 恩塚HCはそれぞれ役割を持った選手たちに、プレーの選択の自由度を与えることで、それを成そうとしている。そこで選手たちに求められるのは自身の判断力。その個々の判断スピードと共に、その判断に周りも連動していく…。ある意味、究極のチームプレーを目指しているとも思える。恩塚HCはそうしたスタイルをカウンター・バスケットと呼んでいるが、相手の対応を予測し、カウンターで仕掛けていくといったニュアンスだろうか。ディフェンス面ではプレッシャーの強度を落とさないために、選手をこまめに交代していく。こうした起用法にも、選手は対応を求められる。

 そうしたことを理解しているからこそ、選手自身も試行錯誤しながらも挑戦しているのだろう。宮崎も「3、4分という時間で、全力を出さなければならないのですが、最初は難しかったですが、大分慣れてきました。たとえその時間でうまくいかなくても、また、自分の番が回ってくるという安心感もあります」と、自チームとは違う起用方法にアジャストしている。

 平均身長の高いラトビア相手に2連勝。2試合目は日本に対し、前からプレッシャーをかけ、ゾーン・ディフェンスを多用するなどの対策を見せたラトビアに3Qまで苦戦を強いられた。それでも日本はオフェンスで得点が伸びない時間帯も、ディフェンスで我慢を続けた。その戦いぶりが功を奏し4Qになると相手が失速。一方の日本は3Pシュートを5本決めるなど、一気に突き放した。

「チームとしてやろうとしていることの大枠は見えてきた」と語る恩塚HC。さらに完成度を高め、ワールドカップで結果を残すことができるか。世界一への挑戦の第一章に注目したい。

コメントは受け付けていません。