【AI予想回顧】札幌記念はジャックドールが好位から価値ある勝利 北九州記念は16番人気ボンボヤージが激走V(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

先週末の8月21日(日)、札幌競馬場では札幌記念(GⅡ・芝2000m)、小倉競馬場では北九州記念(GⅢ・芝1200m)が行われた。AI予想エンジンKAIBAの注目馬の結果はどうだったのか振り返っていく。

【札幌記念 2022予想】ソダシの好データと不安要素を分析! 襲い掛かるライバル勢も強力だ(SPAIA編)

今年も好メンバーが集結した札幌記念でAIが本命としたのはジャックドール。「前走国内GⅠ」、「中9週以上」、「関西馬×栗東所属騎手」というデータに着目しての推奨だった。

抜群のスタートを切ったのはユニコーンライオン。パンサラッサはスタートで隣の馬と接触したが、すぐに巻き返して先頭へ。矢作厩舎の2頭がレースを引っ張る形となった。本命のジャックドールはウインマリリンを挟んだ4番手からレースを進める。

淀みないペースで1000m通過は59.5、ジャックドールは3角から徐々にポジションを押し上げパンサラッサを捕まえに行く構えを見せた。

直線に入るとパンサラッサ、ジャックドールの一騎打ち。馬体を併せた手に汗握る追い比べはゴールまで続いたが、最後にジャックドールがグイッとクビ差先着。

1馬身半離れた3着にはウインマリリンが入り、ハイペースながら先行した馬たちが上位3着までを占める結果となった。

本命馬が勝利したものの、残念ながらAIはパンサラッサとウインマリリンのいずれも無印評価だった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。