馬場雄大が“ホーバス・ジャパン”に初参加 – FIBAワールドカップ予選直前合宿メンバー16人が発表(月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バスケットボール

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)が、FIBAワールドカップ2023アジア地区予選Window4に向けたAkatsuki Japan男子日本代表の強化合宿を8月4日からスタートさせ、参加メンバー16人の名前を公表した。

 今回のメンバーはWindow3までのアジア地区予選に出場、あるいは候補に名を連ねたメンバーをベースとしており、B1チャンピオンシップMVPの比江島 慎、7月のFIBAアジアカップ2022でキャプテンを務めた富樫勇樹、同大会で実績を残した河村勇輝や須田侑太郎らが名を連ねている。トム・ホーバスHCの下でシステムにも慣れてきているメンバーたちに、新たにゴールデンステイト・ウォリアーズでNBAサマーリーグに参加した馬場雄大と、昨シーズンのB1で島根スサノオマジックのチャンピオンシップ初進出の原動力となったニカ・ウィリアムス(島根スサノオマジック)も加わった。馬場の代表参加は昨夏の東京2020オリンピック後初となる。
 平均身長は190.3cm。最長身は206cmのシェーファー アヴィ幸樹で、200cm超えはシェーファーとウィリアムス、川真田紘也の3人だけ。また、4人いるポイントガードは全員179cm以下と、アジアカップ時以上に機動力を武器とするチームの方向性を鮮明に感じさせるリストとなっている。

[FIBAワールドカップ2023アジア地区予選Window4直前合宿参加メンバー]

■プレーヤー
ウィリアムス ニカ C 203/111(35) 島根
岸本隆一 PG 176/75(32) 琉球
比江島 慎 SG 191/88(31) 宇都宮
チェンバース アキ SF 191/90(31) 群馬
永吉佑也 PF 198/115(31) 福岡
須田侑太郎 SG 190/87(30) 名古屋D
富樫勇樹 PG 167/65(29) 千葉J
馬場雄大 SG 195/90(26) -
コー・フリッピン SG 188/75(26) 琉球
寺嶋 良 PG 179/77(24) 広島
シェーファー アヴィ幸樹 PF 206/106(24) 三河
吉井裕鷹 SF 196/94(24) A東京
川真田紘也 C 202/102(24) 滋賀
西田優大 SG 190/90(23) 三河
井上宗一郎 PF 201/105(23) SR渋谷
河村勇輝 PG 172/68(21) 横浜BC

平均身長/体重=190.3cm/89.9kg 平均年齢=27.1歳
※プロフィールは名前(姓・名)、ポジション、身長(cm)/体重(kg)、年齢、所属

■スタッフ
チームリーダー 清水良規(JBA)
ヘッドコーチ トム・ホーバス(JBA)
アソシエイトヘッドコーチ コーリー・ゲインズ(JBA)
アシスタントコーチ 勝久ジェフリー(川崎ブレイブサンダース)
アシスタントコーチ 佐々宜央(宇都宮ブレックス)
スポーツパフォーマンスコーチ 緒方博紀(JBA)
アスレチックトレーナー 一柳武男(JBA)
サポートアスレチックトレーナー 古澤美香(JBA)
チームドクター 山本敬之(国立国際医療研究センター病院)
テクニカルスタッフ 冨山晋司(JBA)
チームマネージャー 西村拓也(JBA)
サポートスタッフ 大木瀬音(Tokyo Samurai)
※役職、名前(所属)

 8月13日(土)・14日(日)の両日、ゼビオアリーナ仙台にイラン代表を迎えて開催されるSoftBankカップ2022では、今回発表された16人の中から選出されたメンバーがプレーする。イラン代表は8月25日(木=日本時間では26日未明)にWindow4で対戦する相手であり、SoftBankカップ2022はその前哨戦という位置づけになる。なお、Window4に臨むメンバーについては、別途JBAから発表されるとのことだ。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。