トム・ホーバスHCはイラン遠征を回避。佐々宜央が代行HCに[W杯アジア地区予選Window4](月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バスケットボール

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)は8月16日、FIBAワールドカップ 2023アジア地区予選Window4のイラン遠征にトム・ホーバスHCが同行しないことを明らかにした。

Softbankカップでのイラン戦

 Window4は、テヘラン(イラン)で日本時間の8月26日午前1時(木=イラン時間25日[水]午後8時30分)から行われるイラン戦と、8月30日(火)に沖縄アリーナで行われるカザフスタン戦の2試合。このうちイランへの入国が必要な初戦については、佐々宜央Aコーチがヘッドコーチを代行する。

 ホーバスHCの遠征回避は、アメリカ政府がイランへの「渡航禁止」を定めていることや、直近のアメリカやイランの関係性を鑑み、また関係機関からの情報・意見に基づいて検討した結果で、アメリカ国籍のホーバスHCと共に、コーリー・ゲインズ アソシエイトHCも遠征には加わらない。

 JBAの浜武恭生事務総長によれば、外務省や在日アメリカ大使館、在イラン日本大使館などからも情報を集め、相談したうえで、JBAとして判断したという。また、先のSoftbankカップで来日したイラン協会の関係者にも状況を説明し、「納得してもらっている」とのことで、「イラン協会との関係は良好」と話した。

 イランから戻った後、沖縄で開催される8月30日のカザフスタン戦は、再びホーバスHCが指揮を執る。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。