【新潟2歳S】今年はデータ上まれに見る大混戦 シーウィザード、アイスグリーンなど候補多数(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

あと8カ月。これが3歳春クラシック開幕までに残された時間。まだ2歳夏、新馬戦がはじまって2カ月半しか経っていないが、我々馬券を買う側と競走馬を管理する側の時間感覚には隔たりがある。

【札幌記念 2022予想】ソダシの好データと不安要素を分析! 襲い掛かるライバル勢も強力だ(SPAIA編)

多くの競馬関係者に話を伺う機会を得たなかで、感じたことは我々と関係者の競馬観、とらえ方には開きがあるということ。おそらく馬券を買う側とは軸が違う。クラブ馬主の隆盛など、使う側の意図を垣間見る機会が増え、その軸のズレは部分的には解消しつつある。それでも時間の経過間隔はかなり違う。

この時期、新馬戦を勝ちあがった馬の関係者はクラシックに向けて、どのタイミングで賞金を加算し、出走権を獲得するかに頭を悩ませる。もちろん、賞金加算は早い時期にこしたことはないが、デビュー間もない頃に無理な出走をすれば、肝心な時期に体調を狂わせかねない。

外回りマイル戦で行われる新潟2歳Sは実力を証明するにはうってつけの舞台である反面、走りすぎてその後、体調を乱す馬、成績が下降する馬も多い。拙速に賞金加算を目指さず、2歳秋まで成長を待つ。そう考える陣営が今年は多いようで、新潟2歳Sは例年の好走データに合致する理想的な馬が見当たらない。少し例年とは違うアプローチをする必要がある。過去10年間のデータを使用し、今年の新潟2歳Sを分析していく。

1番人気は【4-3-0-3】勝率40.0%、複勝率70.0%とまずます。紛れのないコースで2歳夏時点での実力差がわりと素直に出る。3番人気【5-1-1-3】勝率50.0%、複勝率70.0%までが好成績で、3番人気以内は【10-5-4-11】。4番人気以下は2、3着であればといったところ。例年の図式であれば大荒れは少ない。

新潟マイルは外回り650m超の直線が待ち構える舞台。毎年、決め手比べになりやすく、その分、序盤から脚を溜める組が優勢。逃げ【0-1-1-8】複勝率20.0%、先行【1-2-3-30】勝率2.8%、複勝率16.7%に対し、中団【6-4-5-51】勝率9.1%、複勝率22.7%で後方も【3-3-1-33】勝率7.5%、複勝率17.5%と走る。同舞台で行われる古馬の関屋記念に比べると、先行勢には厳しく、上がり600m最速はこの10年、【7-2-1-0】と馬券圏内を外していない。

もちろん、キャリアの浅い組同士なので、このレースで差し、上がり最速を記録する馬を事前に探すのは難しい。なので前走に注目すると、前走中団は【6-3-1-36】勝率13.0%、複勝率21.7%、また上がり最速は【8-6-4-53】勝率11.3%、複勝率25.4%、2位【2-4-6-23】勝率5.7%、複勝率34.3%。前走で鋭い末脚を見せたかどうかは重要になる。上がり最速はロードディフィート、アイスグリーン、チカポコなどが該当するが、どうだろうか。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。