【四国インターハイ】女子・桜花学園、男子・仙台大明成敗れる!大会3日目(7/29)の男女合計16試合の結果【バスケ】(月刊バスケットボール)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:月刊バスケットボール

7月29日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ2022)」(7月27日~8月1日/香川県・高松市、丸亀市、善通寺市)大会3日目、3回戦男女合計16試合が行われた。

【表】四国インターハイ2022「男子トーナメント表」をチェック

男女とも第1試合から衝撃が走った。大会中止を挟んで3連覇中の桜花学園(愛知県)が、京都精華学園(京都府)に敗れたのだ。昨年のウインターカップ決勝で敗れている京都精華学園としては見事借りを返した形だ。同じく男子第1試合では仙台大明成(宮城県)が藤枝明誠(静岡県)に敗れている。

そのほか男子では、前回優勝の中部大第一(愛知県[1])は2試合連続となる100点ゲームで勝利。地元香川の尽誠学園も見事ベスト8入りを果たしたほか、福岡第一(福岡県)、洛南(京都府)、開志国際(新潟県)といったおなじみの強豪校も勝ち上がっている。

一方女子では、前回準優勝の大阪薫英女学院(大阪府[1])、同ベスト8の明星学園(東京都[1])、柴田学園大附柴田学園(青森県)らも8強入り。八雲学園(東京都[2])は関東大会で敗れた千葉経済大附(千葉県)に勝利し、昨年果たせなかったベスト8進出を決めている。

また公立高の広島皆実(広島県)は、なんとアベックでの準々決勝進出。男子は、東京都第1代表の八王子学園八王子に残り4秒、逆転シュートを決めて劇的な勝利を果たした。

【四国インターハイ2022/大会3日目日7月29日(金)試合結果】
<会場>[高松市総合体育館(香川・高松市)]A~C/Mコート、[高松市香川総合体育館(香川・高松市)]Dコート、[丸亀市民体育館(香川・丸亀市)]E・F・Iコート、[善通寺市民体育館(香川・善通寺市)]G、Hコート

————————–
■男子
【10:00~】
[Aコート] 藤枝明誠(静岡県)93-79仙台大明成(宮城県)
[Bコート] 北陸(福井県)79-63宇都宮工(栃木県)

【11:40~】
[Aコート] 福岡第一(福岡県)98-74美濃加茂(岐阜県)
[Bコート] 洛南(京都府)86-75白樺学園(北海道[1])

【13:20~】
[Aコート] 開志国際(新潟県)75-68東海大付諏訪(長野県)
[Bコート] 尽誠学園(香川県[1])77-67柳ヶ浦(大分県)

【15:00~】
[Aコート] 中部大第一(愛知県[1])111-62羽黒(山形県)
[Bコート] 広島皆実(広島県)79-77八王子学園八王子(東京都[1])

————————–
■女子
【10:00~】
[Dコート] 京都精華学園(京都府)65-63桜花学園(愛知県)
[Iコート] 奈良文化(奈良県)57-55聖カタリナ学園(愛媛県)

【11:10~】
[Dコート] 柴田学園大附柴田学園(青森県)107-84足羽(福井県)
[Iコート] 八雲学園(東京都[2])88-77千葉経済大附(千葉県)

【13:20~】
[Dコート] 大阪薫英女学院(大阪府[1])91-61岐阜女(岐阜県)
[Iコート] 広島皆実(広島県)82-67延岡学園(宮崎県)

【15:00~】
[Dコート] 明星学園(東京都[1])96-69埼玉栄(埼玉県)
[Iコート] 東海大付福岡(福岡県)90-80土浦日本大(茨城県)

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。