【アイビスSD】内外にできた馬群を控えて差したビリーバー 直線競馬のターニングポイントとなる勝利(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

01年、新潟競馬場に国内初の直線コース芝1000mが誕生した。直線競馬とはどんなレースになるのか。当時、話題を集めた。海外競馬に精通した関係者からはヨーロッパの直線競馬のように馬群が内、外に分かれるのではと言われ、ファンの間でも陸上の100m走のように横一直線に広がれば、それは壮観だろうと興味は尽きなかった。

【アイビスサマーダッシュ 2022予想】「外枠有利」だけじゃない 9年連続連対データから見える狙いは単純明快!?(SPAIA編)

しかし、競馬は馬が群れで移動するという習性を利用したもので、横一直線にはならなかった。ただ、ふたを開けてみると、日本の直線競馬は馬群が内と外に分かれることもなかった。周回コースのレースでは滅多に使われない外ラチ沿いに密集。少しでも状態のいい部分を走らせよう、そんな意図があった。

アイビスSD初期はメジロダーリング、カルストンライトオといった快速馬が活躍。直線1000mは究極のスピード勝負の舞台とされてきた。カルストンライトオが02年にマークした53.7は現在でも破られず、このコースのレコードタイムだ。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。