【注目2歳馬】持ったままで5馬身差の大物感溢れる走り リアルスティール産駒・フェイトが好タイムで新馬勝ち(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

新種牡馬として大きな注目を集めながら、前週終了時点では21戦1勝という成績だったリアルスティール。しかし8月6日(土)の新潟5R、ついに大物感あふれる産駒が登場した。

【関屋記念 2022予想】新潟マイルならではの狙い目! 複勝率72.7%の強力データに該当するのは?(SPAIA編)

2021年のセレクトセールで藤田晋氏が1億7,600万円(税込)で落札し、栗東・矢作芳人厩舎に所属することとなったフェイト。母サンタフェチーフは2018年日経新春杯5着で、現役時代に3勝をあげるなど活躍。近親には2019年の朝日杯FSを制したサリオス、2020年の府中牝馬Sを勝利し、GⅠでも2着2回という成績を残しているサラキアなどがいる血統だ。

父を知り尽くす名門厩舎と、17戦のうち9戦で手綱をとった福永祐一騎手とのコンビというのも、名前のとおり「運命」だったのかもしれない。

逃げ争いは2頭が競り合い最初の1ハロンを通過し、最終的にエイシンエランがハナを奪った。2番手アンビージャー以下がこれをピッタリとマークする中で、フェイトはまずまずのスタートから5番手でレースを進める。

長い向正面から3角に入ったあたりまでの前半800mは12.5-10.9-12.1-12.3で47.8というペース。その後ラップは12.9に落ちるが、1000mの通過は1:00.7と新馬戦にしては流れていた。

抜群の手応えのまま、4角から長い直線へ。福永騎手はスムーズに外へとエスコートする。残り400mを切ったところでゴーサインが出されると、あっという間にエイシンエランに並びかけて先頭へと躍り出る。

ラスト200mはほぼ持ったままで、後続を突き放しての5馬身差。高速馬場の新潟芝コースではあったものの、1:48.1という勝ちタイムはかなり優秀と言える。

まだまだ馬体に緩さを感じる中でのデビュー戦だったが、このパフォーマンスは先々に向けても大きな期待が持てるものだった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。