新馬戦で上がり3ハロン32秒台で1位だった馬たちのその後は? 今年7月デビューの注目2歳馬3頭も紹介(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

「届くか、届くか、届くか、届くか、届いた、届いた! 差し切り勝ち、凄い脚だ!」

今から約22年前の2000年11月12日GⅢ根岸ステークス。ブロードアピールがダートでは驚異の上がり3ハロン34.3秒という奇跡のような末脚で殿一気を決めた。この時の衝撃は今でも忘れることが出来ない。良馬場のダート1200m戦で上がり3ハロン34.3秒以下を記録し勝ったことがある馬は1984年以降、ブロードアピールと2010年のシルクフォーチュンだけだ。

【関屋記念 2022予想】新潟マイルならではの狙い目! 複勝率72.7%の強力データに該当するのは?(SPAIA編)

末脚と言えば、7月30日にリバティアイランドがJRA史上最速タイとなる上がり3ハロン31.4秒を記録し話題になった。そこで今回は、新馬戦で32秒台の末脚を使った馬たちが、その後どのような成績を残しているのか調べてみたい。

今回は2017年から2021年までの5年間に行われた夏競馬(6~8月)の新馬戦で「上がり3ハロン1位かつ32.9秒以下」のタイムを記録した馬を調べてみた。行われたレース数は543。該当したのは下記の9頭だ。

2017年7月16日 ワグネリアン 1着 32.6秒(中京・芝2000m)
2017年8月5日 ウラヌスチャーム 1着 32.0秒(新潟・芝1600m)
2017年8月6日 ロックディスタウン 1着 32.5秒(新潟・芝1800m)
2017年8月20日 ラヴァクール 2着 32.9秒(新潟・芝1600m)
2019年7月27日 ラインオブダンス 5着 32.5秒(新潟・芝1600m)
2019年8月3日 ウーマンズハート 1着 32.0秒(新潟・芝1600m)
2020年7月25日 ギャリエノワール 2着 32.5秒(新潟・芝1600m)
2021年8月1日 スターズオンアース 2着 32.6秒(新潟・芝1800m)
2021年8月8日 ステルナティーア 1着 32.7秒(新潟・芝1600m)

9頭中5頭が1着、3頭が2着。記録されたコースは当然ながら全て芝コース。新潟1600m戦が6回、1800戦が2回、中京2000m戦が1回となっている。父親はドゥラメンテ産駒とハーツクライ産駒が2頭ずつで、スピード馬としてすぐに頭に浮かぶロードカナロア産駒とダイワメジャー産駒は1頭ずつとなっている。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。