重賞の壁を乗り越えられるか 岩田望来騎手の「買える条件・買えない条件」(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

今週日曜、新潟競馬場でGⅢ関屋記念が行われる。注目はなんといってもイルーシヴパンサー。東京新聞杯での強烈な勝ちっぷりから安田記念で1番人気に推されたほどの素質馬であり、サマーマイルシリーズを足掛かりに秋GⅠで再び輝きを放ちたいところだ。

【関屋記念 2022予想】新潟マイルならではの狙い目! 複勝率72.7%の強力データに該当するのは?(SPAIA編)

同馬の鞍上を務めるのは岩田望来騎手。同じくジョッキーとして長く活躍する岩田康誠騎手を父に持つサラブレッドだ。今週は過去のデータを紐解きながら、岩田望来騎手の「買える条件・買えない条件」を調査していく。

<岩田望来騎手 デビュー以来の騎乗成績>
2019年【37-27-38-418】勝率7.1%/連対率12.3%/複勝率19.6%
2020年【76-67-72-577】勝率9.6%/連対率18.1%/複勝率27.1%
2021年【88-110-102-589】勝率9.9%/連対率22.3%/複勝率33.7%
2022年【71-50-46-375】勝率13.1%/連対率22.3%/複勝率30.8%
※8月7日時点

まずは岩田望来騎手のここまでのキャリアを振り返る。

2019年にデビュー。菅原明良騎手、斎藤新騎手、団野大成騎手などが同期にあたる。3月末に初勝利を挙げると大きなスランプなく勝ち鞍を積み重ね、斎藤新騎手に次ぐ37勝を挙げる上々のルーキーイヤーとなった。

2年目はさらに飛躍して76勝。関西のホープとして地歩を固めたものの、オープンクラス以上での勝利はゼロと上級条件での課題も見える一年に。3年目は88勝と数字を伸ばし、オープンクラスでも5勝と悪くない結果ながら、重賞は51度騎乗して未勝利だった。

岩田望来騎手が待望の重賞初制覇を飾るのは今年の2月、京都牝馬S。関屋記念覇者ロータスランドの手綱を取り、番手から押し切る強い内容でゴールを駆け抜けた。98回目の挑戦でついにタイトルをゲット。同馬とのコンビでは次走のGⅠ高松宮記念でも勝ち馬ナランフレグとタイム差なしの2着に食い込み、ビッグレースでの存在感も少しずつ増してきている。今年は現時点で71勝、自己初の年間100勝が目前に迫る。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。