【札幌日経オープン】ハーツイストワール1番人気に応えオープン初勝利 武豊騎手「力がありそう」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

8月6日の札幌11R・札幌日経オープン(3歳上オープン、リステッド、芝2600メートル=10頭立て)は、1番人気に支持されたハーツイストワール(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎、父ハーツクライ)が、オープン初勝利を挙げた。勝ち時計は2分41秒5(良)。

【データで見る】ハーツイストワールの血統、戦績

 好スタートを決めて、ハナを主張したタイセイモンストルなどを前に行かせる形から道中は3番手をキープ。2周目の向こう正面で後方にいたゴールドギアが一気のまくりで先頭に取りついたが、慌てずに直線の入り口では射程圏にとらえて、最後は首差かわしてゴール板を駆け抜けた。

 初コンビを組んだ武豊騎手は「非常に素直で乗りやすい馬。ただ、自分から走っていくタイプではない。最後も伸びそうで、じわじわという感じ。でも、力がありそうです」と、能力を評価した。

 国枝調教師は「落ち着きが出てきたからね。ちょっとずぶいので、距離はあった方がいい」と説明。今後は放牧に出されて、秋はアルゼンチン共和国杯(11月6日、東京)を視野に入れる。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。