【新潟11R新潟日報賞】フェルミスフィア豪快差し2連勝 杉原誠人騎手「流れて前が止まった」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

8月6日の新潟11R・新潟日報賞(芝1400メートル=18頭立て)は、12番人気の伏兵フェルミスフィア(牝5歳、美浦・木村哲也厩舎、父エピファネイア)が2勝クラスに続き、3勝クラスも連勝。一気にオープン入りを果たした。勝ち時計は1分19秒7(良)。

【データで見る】フェルミスフィアの血統、戦績

 メイショウハナモリの逃げは最初の600メートルが32秒8。1000メートル通過は56秒1。この超ハイペースを味方につけ、4角12番手から、馬場の真ん中を豪快に抜け出した。先週のアイビスサマーダッシュに続き、メインレースVの杉原誠人騎手は「リズムよく回ってこれたし、流れて前が止まった。競馬を覚えてきたので、これが上のクラスでもできれば」と会心の勝利を振り返った。

コメントは受け付けていません。