【ラグビー】サム・ケレビが7人制の国際舞台で負傷、年内のプレー絶望的に。サンゴリアスにも影響か。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

東京サントリーサンゴリアスに所属する世界的センターのサム・ケレビが、7人制のオーストラリア代表として出場したコモンウェルスゲームズ(英連邦競技大会)で膝を壊し、年内のプレーは絶望的となった。

 働き者のケレビは、ジャパンラグビーリーグワン2022においてベストフィフティーンに選ばれる活躍で東京サンゴリアスの準優勝に貢献したあと、短い休みをはさんで、15人制のオーストラリア代表“ワラビーズ”として7月のテストマッチシリーズに3試合すべて先発出場。そして、7人制の国際舞台にも意欲を示し、昨年の東京オリンピックに続き、7月下旬のコモンウェルスゲームズに出場していた。

 オーストラリアのメディアによれば、ケレビは30日のケニア戦(プールD)で右膝を負傷。前十字靭帯損傷と見られており、一部では、プレー再開まで少なくとも6か月かかるのではないかと言われている。
 このため、ワラビーズの12番として期待されていたケレビは、今週末から始まるラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)だけでなく、11月のヨーロッパ遠征も不参加の可能性が高くなった。

 そして、ジャパンラグビーリーグワンの新シーズンは12月に開幕予定だが、優勝を目指す東京サンゴリアスは、大会序盤はケレビを欠いて戦うことになるかもしれない。

コメントは受け付けていません。