新日本初の60分フルタイム…アントニオ猪木vsビル・ロビンソンは“プロレス者”へ投げかけた“底が丸見えの底なし沼”新日本プロレス歴史街道50年(47)【週刊プロレス】(BBM Sports)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:BBM Sports

昭和の時代、一流レスラーの条件の一つとして60分フルタイムを経験しているかがあった。時代が平成に移ってからは試合展開もスピードアップし、制限時間60分の闘いはタイトルマッチやスペシャルマッチなどごく一部に限られるため、その条件も自然消滅してしまった感が強いが、1時間闘えるだけのスタミナを備えていてこそ真のトップレスラーであるとの考えが強かった。しかし、実際はそれだけでなく、決着がつかずとも観客を満足させる技量も求められる。ここでは新日本プロレス50年の歴史における60分フルタイムマッチを振り返る。

【蔵出し貴重写真】ビル・ロビンソンの芸術的なダブルアーム・スープレックス

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。