仲間を信じたラストパス…福岡第一の轟琉維、日本一獲得は「みんなで乗り越えた結果」(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

最後はポイントガードらしく、冷静なアシストを選んだ。

「先生からは最後は『お前がやれ』と言われていたので、自分からどんどん強気に攻めていきました」。

 後半、福岡第一の轟琉維(3年)はゲームメークよりも自ら得点を取りに行く姿勢を見せ、次々とスコアを伸ばした。しかし、試合終了残り1分を切ってからは2本連続でジャンプシュートを外し、開志国際高校(新潟県)との点差は残り30秒の時点で「4」。

「最後、轟のシュートが落ち始めたので『ここまでかな』とも思いました」。井手口孝コーチにも敗戦の2文字が脳裏をよぎったという。

 だが、コート上の選手たちは諦めなかった。必死にボールを追って相手のミスを誘い、残り15秒で74-76。同点、もしくは逆転を狙ったラストチャンスでボールを持ったのは轟だった。

 思えば、昨年のウインターカップでも同じようなシチュエーションがあった。決勝進出をかけた準決勝、轟は2点を追いかける最後の攻撃で自らのシュートを選択したが、決めきることができずに敗れている。

 昨冬の借りを返す絶好のチャンス。しかも轟にとっては最初で最後のインターハイだ。しかしこの場面、ここまで28得点を挙げていた福岡第一の8番はエースとしてではなく、チームのポイントガードとして仲間を信じた。

 託したのは崎濱秀斗(2年)。崎濱は直前までU16とU17の代表活動でチームへの合流が遅れ、「どこか遠慮していてアジャストできていない」(井手口コーチ)と決して良い状態ではなかった。それでも轟は後輩を信じ、その崎濱が値千金の3ポイントシュートを射抜いた。

「あれは轟の判断ですね。轟に任せて負けたら、それはウチとしてはOKです。多分、本人も無意識というか、感覚だったと思います」

 井手口コーチが最後の攻撃についてそう話す。一方の轟は、追い詰められた状況でも周りが見えていたと明かし、こう口にした。

「最初は自分で行こうと思ったんですけど、ディフェンスが思った以上に寄ってきましたし、最後は崎濱が決めてくれると思ったのでパスを出しました」

 77-76。死闘が終わった。福岡第一は「令和4年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会」の頂点に立った。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。