<高校バスケ>インターハイ注目選手紹介/北信越編(月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バスケットボール

7月27日に開幕する四国インターハイ。そのカウントダウン企画第3弾は、北信越の注目選手を紹介する。

[写真]北信越の注目選手

 男子では、何と言っても外せないのが開志国際(新潟)の介川アンソニー翔(3年/SF/197㎝)。豪快なダンクに目を奪われがちだが、ハンドリングスキルが高く、多彩なステップを駆使したドライブ、クイックリリースの3Pと197cmながらオールラウンドにプレーできるのが強みだ。アメリカから編入直後の昨年はまだ線が細かったが、今年はウエイトアップやフィジカル強化に取り組み、力強くフィニッシュする場面も多くなった。また課題だったディフェンスについても、持ち前の適応力で着実に進化している。
 同じく開志国際で、この介川に負けない得点源となるのが、FIBA U16アジア選手権やFIBA U17ワールドカップで日本代表に選ばれた武藤俊太郎(3年/PF/190cm)だ。持ち味は190cmのサイズながらアウトサイドを主戦場にドライブや3Pなどオールラウンドにプレーできること。今年のテーマとして「スタッツ面では毎試合20得点以上のダブルダブルを目指したい」と意識も高い。
 開志国際には、この2選手の他に、パスやジャンパー、3Pシュートが持ち味の澤田竜馬(2年/PG/167cm)、身長202cmでインサイドの要・バシール・ファイサル・モハメッド(3年/C/202cm)といったタレントが揃っている。新潟県予選で昨冬のウインターカップ準優勝・帝京長岡を破っているだけに、四国インターハイでも大暴れするだろう。

 そして長野の東海大付諏訪にも、高山鈴琉(3年/PG/173cm)、中川知定真(3年/SF/193cm)と2人の注目選手がいる。
 このうち高山は、中学時代に創部4年目の京都精華学園中を初めての全中制覇に導き、東海大付諏訪入学以降も1年時からスターターとして活躍。昨年は2年生エースガードとして東海大付諏訪をインターハイベスト8に導いた。持ち味は、ペイントに切り込んでのドライブ、そしてミドルレンジや3Pシュートを決め切る高い得点力。また、司令塔として味方を生かす状況判断力にも優れている。次に紹介する中川とのワンツーパンチは相手にとって脅威そのものだ。
 中川も、高山同様1年時から主力として活躍。トランジションから先頭を走るスピードと高確率の3Pが武器で、ディフェンスでは相手のビッグマンや得点源とマッチアップし押さえる頼もしさがある。
 今年の東海大付諏訪は、他にFIBA U16アジア選手権でキャプテン&司令塔を務め、U17ワールドカップ出場へと導いた石口直(3年/SG/18cm)、体を張ったプレーでインサイドを中心に力を発揮する板倉伶弥(2年/PF/188㎝)、櫻田睦人(3年/PF/193㎝)といった能力のある選手が揃っており、2010年、2018年の2度インターハイ3位となっている記録に迫り、上回るのも夢ではない。

 7大会連続7回目の出場となった北陸学院(石川)をけん引するのは、森田稀羅(3年/PG/185cm)。3年生の層が厚く、10人前後で積極的にタイムシェアをする今年のチームのキーマンで、昨年まではSGを任されていたが今年は中学時代以来のPGに復帰。185cmのサイズを生かしながら味方に的確なパスをさばき、チャンスがあれば自らもドライブやジャンプシュートで得点を稼ぐのが魅力だ。ライバルとして、同じガードの高山鈴琉(東海大付諏訪)や轟琉維(福岡第一)の名を挙げる森田が、四国インターハイでどんなパフォーマンスを見せるのかに注目だ。

 女子では開志国際(新潟)で1年時からプレータイムを得てきた呼子真洸(3年/PG/164cm)に注目だ。当たり負けしない強じんなフィジカルを持ち、鋭いドライブやアシストを持ち味とするが、最近はアウトサイドシュートの確率も高まりプレーの幅が広がっている。キャプテンにも就任し、仲間を引っ張る攻撃的な司令塔としてチーム浮沈のカギを握るだろう。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。