札幌競馬をデータで攻略 芝の狙い目は亀田温心×牝馬、ダートはディープインパクト産駒!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

不思議と北海道には縁がある人生だ。新卒で入社した会社の初期配属は札幌だったし、その後も転勤などで春夏秋冬を体験させてもらった。

当時は観光もよくした。特に夏はさっぽろ夏祭り、大手各社が出そろう大通りビアガーデン。車を走らせて支笏湖、小樽、えりも岬。この仕事に就いてからは牧場様訪問など、思い出は尽きない。もちろん夏競馬も盛り上がり、今年は8月21日に伝統の札幌記念が行われる。

今回はそんな札幌開催で盛り上がれるよう、回収率に注目して狙い目の騎手と種牡馬を探ってみたい。

集計期間は2012年7月21日から2021年9月5日までの10年間で、対象は1392レース。まずは騎手部門のリーディングから。

第1位 C.ルメール【151-103-67-261】
第2位 池添謙一【69-53-62-411】
第3位 J.モレイラ【67-30-20-72】
第4位 福永祐一【60-61-42-220】
第5位 吉田隼人【59-56-52-419】

C.ルメール騎手がトップを独走。2位にダブルスコア以上の圧倒的な成績だ。勝利数だけでなく勝率25.9%、連対率43.6%、複勝率55.2%と、率のうえでもハイアベレージを残している。また3位の「雷神」ことJ.モレイラ騎手は短期免許での来日で189レースしか騎乗していないが67勝で勝率35.4%、連対率51.3%、複勝率61.9%だ。今年のルメール騎手は8月8日まで海外渡航中で、見る機会は限られると思うが頭の片隅においておきたい。

ランキング外では川田将雅騎手が【12-3-6-21】。42戦12勝で勝率28.6%、複勝率50.0%と好成績。九州出身の川田騎手が小倉ではなく、札幌に来ているのは勝負気配ありという事だろうか。昨年は札幌記念が行われた日に騎乗し【2-1-1-0】で複勝率100%。札幌の川田騎手は怖い。

続いて種牡馬ランキングだ。

第1位 ディープインパクト産駒【95-78-64-451】
第2位 キングカメハメハ産駒【61-54-55-414】
第3位 ハーツクライ産駒【57-54-50-377】
第4位 ハービンジャー産駒【42-30-45-352】
第5位 ステイゴールド産駒【39-44-28-268】

札幌競馬場と言えば、ほぼ平坦な丸っこいコース。芝、ダート問わず目立った起伏はなく、直線は約270m程度しか無いのが特徴だ。また、洋芝適性も問われる。つまり、札幌巧者が目立った成績を残しやすい。

そんな札幌でトップの成績を残しているのはディープインパクト産駒。実はディープ産駒は全10場の中央競馬場の中で、現在改修工事を行っている京都を除くと札幌での勝率が一番高い。過去10年の成績も以下の通りになっている。

京都(勝率13.9%/連対率26.0%/複勝率37.2%)
札幌(勝率13.8%/連対率25.1%/複勝率34.4%)

長い直線で末脚の切れるイメージとは対照的にも見えるが、ディープインパクト産駒は札幌でこそ狙い目だ。

最後に調教師ランキング。

第1位 須貝尚介【39-36-31-132】
第2位 堀宣行【32-10-10-79】
第3位 矢作芳人【31-28-32-222】
第4位 安田隆行【26-21-14-85】
第5位 池添兼雄【23-16-14-114】
第6位 手塚貴久【22-9-7-64】

現役で20勝以上を記録しているのは上記の6名だ。注目したいのは手塚厩舎。勝率が21.6%と高く単勝回収率は126%で、頭で狙いたい。そして池添兼雄調教師はご存知の方も多いと思うが、池添謙一騎手の父。厩舎の23勝中18勝が謙一騎手との親子タッグであげた数字であり、目を光らせておきたい。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。