【アイビスSD】牝馬好調の新潟名物「千直」重賞 2005年優勝馬・九州うまれのテイエムチュラサン(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

今週は真夏の名物重賞・アイビスサマーダッシュ。今年もオールアットワンス、ライオンボスやビリーバー(抽選対象馬)といった実績あるメンバーが参戦し、JRA唯一の直線重賞で火花を散らす。さらには今村聖奈騎手、藤田菜七子騎手がともに騎乗予定で、こちらの重賞初対決にも注目が集まっている。

【アイビスサマーダッシュ 2022予想】「外枠有利」だけじゃない 9年連続連対データから見える狙いは単純明快!?(SPAIA編)

2001年に新設されてから、カルストンライトオやサンアディユ、カノヤザクラやパドトロワといった快速馬たちが、この「千直」重賞を制してきた。2013年の覇者ハクサンムーンも、ここからセントウルSでロードカナロアを撃破し、スプリンターズSでも2着と好走している。スピード自慢の馬と、直線競馬に高い適性を持つ馬がぶつかり合う、見逃せない一戦だ。今回はアイビスSDの歴史を振り返る。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。