【習志野きらっとスプリント展望】東京スプリント3着馬ギシギシの相手探し(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

2022年7月26日に船橋競馬場で行われる習志野きらっとスプリント(SⅠ・ダート1000m)。全7レースからなる「スーパースプリントシリーズ」の最終戦を飾る重賞だ。今年は南関東の7頭に、佐賀、愛知からの遠征馬を加えた9頭の少数精鋭で争われる。

【アイビスサマーダッシュ 2022予想】「外枠有利」だけじゃない 9年連続連対データから見える狙いは単純明快!?(SPAIA編)

注目はやはりギシギシ。3歳春までは特に目立った存在ではなかったが、年末のフジテレビ賞を制してからは【6-1-1-0】と急激に力をつけている。中でも3走前の東京スプリントは中央勢を相手に正攻法で先行し、勝ち馬シャマルからハナ+クビの3着と好走。地方馬同士の重賞では負けられない立場と言えるだろう。初の遠征&左回りだった前走で船橋コースにも対応しており、死角らしい死角は見当たらない。

カプリフレイバーは同コースで行われた今年の船橋記念で2着。3歳9月以降は1200m以上で【0-0-0-5】、1000m以下で【2-2-1-0】と極端な短距離型にシフトしており、この条件を待望していた1頭だ。その船橋記念勝ち馬キモンルビーとの再戦になるが、当時4キロ差あった斤量差が今回は2キロ。逆転も十分にあり得る。

以下、12連勝で船橋記念を制したキモンルビー、閃光スプリント勝ちブンロートなどが有力。穴では川崎スパーキングスプリントで枠に泣いたファントムバレットも面白そうだ。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。