ナショナルズ移籍拒否のパドレスのホズマー一塁手はレッドソックスへ放出(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

米大リーグ・トレード期限の2日(日本時間3日)、レッドソックスはパドレスからエリック・ホズマー一塁手を獲得したことを発表した。ホズマーは、それより遡ること約1時間前に合意したナショナルズ・ソト外野手のパドレスへのトレード移籍で、交換要員候補として名前が上がったが、トレード拒否権を行使し、移籍を却下。数時間後、トレード拒否権を持たないレッドソックスに、2人の若手有望選手と共に放出された。レッドソックスは3Aの先発投手のジェイ・グルーム、プラス金銭で交換トレードが成立した。

 ホズマーは、パドレスと今季の残り約700万ドル(9億3000万円)と2025年まで3年総額3900万ドル(52億円)の契約を残しており、複数の米メディアはその大部分をパドレスが請け負うと報じた。ホズマーは4度のゴールドグラブ受賞、2017年にシルバースラッガー賞に輝いた。レッドソックスにとっては、今季ダルベックとコーデロが兼任も、好守に振るわなかった一塁手の補強となった。

 レ軍はここまで今季52勝52敗の勝率5割。ア・リーグ東地区最下位となっている。前日は正捕手バスケスをアストロズに、救援左腕ディークマンをホワイトドックスにトレード。ブルーム野球部門最高責任者はオンライン会見で「プレーオフへの望みは持っているが、組織としては、同時に将来を見据えた補強をしなければならない。やることはまだあり、明日は忙しくなる」と更なるトレードを予告していた。

コメントは受け付けていません。