【広島】今季最長タイ5連敗…リーグ最悪23度目逆転負け 後半戦いまだ白星なくBクラス転落(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ DeNA5―2広島(2日・横浜)

 広島が、今季6戦全勝だった敵地で逆転負け。初回に菊池涼の2戦連発となる5号ソロで先取点を奪いながら、今季初のカード初戦の先発となった森下が踏ん張れずに4回5失点KOで6敗目を喫した。

 今のチームに、試合をひっくり返す勢いはない。この日は下半身コンディション不良から復帰した上本を、10年目で初クリーンアップとなる5番で起用。その上本は3点ビハインドの4回には1死一塁から左前打。そこから2死満塁までチャンスを広げたが、最後は会沢が左飛に倒れて無得点。4点ビハインドとなった後も、5回先頭の代打・末包が左翼フェンス直撃三塁打を起点に1点を返すのが精いっぱいだった。

 球宴前を勝率5割、4年ぶりAクラスの2位タイで折り返しながら、後半戦最初のカードとなった本拠での中日3連戦で痛恨3連敗。今季この試合まで12勝3敗と圧倒していたDeNAにも敗れた。2試合連続の逆転負けは、リーグワーストの23度目。前半戦最終戦からこれで今季最長タイの5連敗となり、借金4。0ゲーム差だったDeNAと入れ替わる形で7月14日以来となるBクラス・4位に転落した。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。