【エルムS】連覇を狙う7歳スワーヴアラミス 年齢重ねて成長実感 陣営「気の悪いところがあまり出なくなってきた」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆第27回エルムS・G3(8月7日、札幌競馬場・ダート1700メートル)=8月2日、札幌競馬場

 連覇を狙うスワーヴアラミス(牡7歳、栗東・須貝尚介厩舎、父ハーツクライ)が、順調な仕上がりを見せている。全休日明けのこの日は、角馬場からダートコースを流して調整。7月27日に札幌競馬場に入厩してきて、野見山助手は「輸送で体の減るところはあるけど、入ってきて1週間で良くなっています。去年(の北海道シリーズ)と同じパターンで、去年は手探りだったが、今年の方が落ち着きがあっていいですね」と、うなずく。

 今年の斤量はメンバー中トップの58キロとなるが、前走の帝王賞(7着)などダートの一線級と戦ってきた経験は糧になっている。同助手は「年齢を重ねて、気の悪いところがあまり出なくなっている。58キロは仕方ないが、今の感じなら楽しみ」と、ベテランを頼もしげに見つめる。

コメントは受け付けていません。