【四国インターハイ2022】1点差で涙を飲んだ沖縄・未来工科のエース佐渡山楓「ウインターカップでは1勝でも多く勝てるようにしたい」【バスケ】(月刊バスケットボール)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:月刊バスケットボール

7月27日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ2022)」大会初日男子1回戦、大阪桐蔭(大阪府(2))に69-70と1点差に涙を飲んだ美来工科(沖縄県)。そのキャプテンにしてエースの#66佐渡山楓は試合後、「前半は、自分たちのプレーで点数が取れていましたが、後半になって足が止まって相手のプレーに流されてしまいました」と試合を振り返った。

【表】四国インターハイ2022「男子トーナメント表」をチェック

試合開始から自身がチームを引っ張り、ハーフタイムで38-26とリードを作っていた美来工科。しかし後半は、大阪桐蔭の激しいディフェンスに苦しむことに。インサイドでのシュートチャンスをなかなか作れず。アウトサイドからの苦しいシュートが多くなってしまうと、シュート成功率がダウン。全国という舞台の初戦ということもあったのだろう。「足がとまって相手のプレーに流されてしまった」と#66佐渡山が振り返るとおり、主導権を握られて終盤を迎えることに。それでもチャンスはあった。69-70で迎えたラストプレー、シュートチャンスを作ったものの、アウトサイドから放ったボールはリムに弾かれてしまった。

「ジャンプは通用するなと思いましたが、まだまだな部分が多いなと思いました」と語った#66佐渡山は、この試合18得点、10リバウンドとダブルダブルの活躍を見せている。もちろん、全国の舞台で“勝利に導けなかった”という悔しさはすぐに消化できるものではないが、「県予選に勝って、ウインターカップでは1勝でも多く勝てるようにしたいです。県外のチームは外のシュートが入る。自分たちも真似していきたいです」と前を向いた。冬の舞台での雪辱に期待したい。

一方、勝利した大阪桐蔭は明日の2回戦で、ウインターカップ3位の仙台大明成(宮城)と対戦する。青木徹コーチは、続く「明日明成戦では、リバウンドをしっかり頑張ること。しっかり奪えるようにチャレンジしたい」とリバウンドがキーポイントになるとコメントしている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。