【アイビスSD】春雷S勝ちの素質馬ヴェントヴォーチェ チグハグだった前走7着から一変だ!(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

夏の新潟名物・アイビスサマーダッシュ。JRA重賞唯一の直線競馬で、ダッシュ力とスピードの持続力が求められる一戦だ。今年は3歳馬の登録がないため、既成勢力の能力比較が予想のポイントとなるだろう。参考レースからスプリント路線の勢力図を整理していきたい。

【アイビスサマーダッシュ 2022予想】「外枠有利」だけじゃない 9年連続連対データから見える狙いは単純明快!?(SPAIA編)

【2021年アイビスSD】
3回新潟競馬開幕週。同日に芝1600mの2歳レコードが更新されるほどの高速馬場。前開催で荒れに荒れたBコース部分の芝が張り替えられたが、芝が根付いたAコース部分の方が伸びが良く、土日通して内ラチ沿いの好走馬が目立った。新潟芝1000mは外枠有利の傾向にあるが、内ラチ沿いの好走も可能な馬場状態だったと言えるだろう。

1着馬オールアットワンスは7枠14番から好位馬群につけ、残り200m手前で逃げたライオンボスを捉え切る。元来3歳牝馬の強いレースであり、斤量51キロ、かつ外枠の恩恵は大きかったか。昨年からの成長力がポイントだろう。

2着馬ライオンボスは6枠12番から先手を取ったが、斤量57キロの分もあり粘り切れず。また、走破時計は前年より0.2秒速いが、馬場差を考慮すれば今回の方がパフォーマンスは低いとみるべきだろう。オープン馬が6頭しかいなかったメンバー。レースレベルは高くなさそうだ。

4着馬トキメキは5枠9番からの後方待機。進路取りにやや手こずったが、前が開くと鋭い末脚で4着まで追い込んだ。ただ、2着馬ライオンボスから0.6秒差という着差は、スプリント戦としては決定的な差ではあったか。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。