止まらんヤンキース・ジャッジ 3戦連発42号同点弾で通算200本塁打達成…シーズン70発も視野に(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ ヤンキース―ロイヤルズ(30日・ニューヨーク=ヤンキー・スタジアム)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)の勢いが止まらない。30日(日本時間31日)、本拠地・ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場すると、2点リードの2回2死一塁の2打席目に、右中間席へ42号2ランを放った。

 この一発でメジャー7年目での通算200本塁打を達成。カウント2―2からの7球目、相手先発右腕のヒースリーの95マイル(約153キロ)の直球をスイング。打球速度105・2マイル(169キロ)の放物線は、右中間スタンドの最前列に吸い込まれた。

 「打球が高く上がった。右翼へ。メランデス(右翼手)が後ろへ下がりましたが、サヨウナラ。通算200本塁打、アーロン・ジャッジが、また打ちました。今季42号。91打点。アメージング!」と地元テレビの実況中継のアナウンサーは、興奮気味に伝えた。

 飛距離は364フィート(約111メートル)。他球場なら外野フライかという当たりだった。「ルースの家」と呼ばれたヤンキースタジアムの特性を生かしたフェンス手前ギリギリの一発。7月末時点での最多本塁打の球団記録は、1928年のベーブ・ルースの41本。残り1日を残して、ルースのペースを上回る42号となった。

 また今季102試合目での42号は、1998年にシーズン70本塁打を放ったカージナルスのマグワイアが95試合目に42号を放って以来のペースとなる。

 絶好調のジャッジは、28日(同29日)の本拠地・ロイヤルズ戦でサヨナラの39号を放つと、29日(同30日)の同カードでは満塁本塁打を放つなど2本塁打。この試合でも3試合連続弾を放った。直近12試合で11本塁打というアーチ量産ぶり。その間、この打席まで44打数22安打で打率5割。25打点、17得点という破壊力を示している。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。