【オリックス】山岡泰輔のコロナ陽性判定で、30日の先発に東晃平が濃厚 28日支配下登録即抜てき(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

オリックスは28日、山岡泰輔投手(26)が新型コロナ陽性判定を受けたと発表した。26日のオールスター第1戦(ペイペイD)に登板して1回1失点。27日の第2戦(松山)から一夜明けたこの日朝、発熱などの体調不良を訴え、松山市内の病院でのPCR検査で感染が分かった。現在は松山市内の宿泊施設で隔離療養している。

 前半戦は山本とのダブルエースとして、6勝5敗、防御率はリーグ2位の1・75をマーク。後半戦の開幕2戦目、30日のロッテ戦(ZOZO)で先発予定だった。

 その代役として、支配下登録されたばかりの東晃平投手(22)が抜てきされることが濃厚になった。この日、宇田川優希投手(23)とともに育成から支配下登録された右腕。球威ある直球を武器に、3月9日のオープン戦・対中日(ナゴヤ)で先発して4回無失点と好投。ウエスタン・リーグでは今季9登板で1勝3敗、防御率3・98だった。

 チームは5位だが、首位に2・5ゲーム差。総力戦で連覇を目指す。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。