【AI予想回顧】中京記念はベレヌスが逃げ切りで重賞初制覇 1番人気ファルコニアは3着まで(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

先週末、唯一の重賞として行われたサマーマイルシリーズの第2戦・中京記念(GⅢ・芝1800m)。AI予想エンジンKAIBAが注目した本命馬は結果を残すことができたのか、レース結果とともに振り返っていく。

【中京記念 2022予想】小倉芝1800mの狙いはシンプル! 単回収率200%超の強力データとは?(SPAIA編)

AIの本命はファルコニア。過去10年の同レースで6勝と圧倒的な成績を残す「5歳」というデータに加えて、過去5年の小倉芝1800m・OP以上という条件においても好成績を残す「川田将雅騎手」、「社台RH」、「ディープインパクト産駒」などのデータに期待しての推奨だった。

スタート後、すぐさまダッシュ力の違いでハナに立ったのはベレヌス。2番手にコルテジア、3番手にアーデントリーとベステンダンクが続いて出走16頭が向正面に差しかかる。

1000m通過は59.9。馬群は比較的密集したまま3角を迎えると、その後は11.4-11.3と加速。直線に向いて外からファルコニア、さらにミスニューヨークとカテドラルなども差を詰めてきたが、逃げたベレヌスは止まらず、そのまま逃げ切り重賞初制覇を達成した。

半馬身差の2着には4角10番手から伸びたカテドラルが入った。近走は結果が出ていなかったが、昨年に続いて2年連続の2着と小倉巧者ぶりを見せつけた。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。