珠城りょう、10月「ーマクベスを殺した男」で朗読初挑戦「未知の世界、一つ一つの言葉を丁寧に」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

昨年8月に宝塚歌劇団を退団した元月組トップスターの珠城りょう(33)が、10月15、16日に「Unrequited Love~マクベスを殺した男~」(埼玉・ところざわサクラタウン、作演出・斎藤栄作)で朗読劇に初挑戦することが26日、分かった。男女2役を演じ、宝塚を退団して以来、初めて男役を披露する。

【写真】元月組トップスターの珠城りょう

 シェークスピアの4大悲劇のひとつ「マクベス」を題材にした朗読ミュージカル。女性漫画家の桜庭あきらが「片思い」という意味の次回作「Unrequited Love」の内容を自ら演じ、構想を練る物語だ。シェークスピア作品でマクベスに暗殺されることで知られるバンクォーが主人公となる次回作を劇中劇として展開。珠城は女性の桜庭と男性のバンクォーを演じ分ける。

 宝塚時代には包容力のあるトップスターとして支持を集めたが、「宝塚の男役は全てが計算し尽くされた、ある意味、宝塚だけの芸術だと思っていますので、当時とは違う表現ができれば」と新たな可能性を模索。初挑戦の朗読劇には「自分にとって未知の世界。一つ一つの言葉をより丁寧にお届けしたい」と意欲的だ。元モーニング娘。の高橋愛(35)らも出演する。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。