吉沢亮、10月開始「PICU 小児集中治療室」で月9初主演 小児医療に奔走 命に「真っ正面から向き合う」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

俳優の吉沢亮(28)が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「PICU 小児集中治療室」(仮題、月曜・後9時)に主演することが26日、明らかになった。ドラマ主演は昨年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」以来で、月9枠は初主演となる。

 PICU(Pediatric Intensive Care Unit)と呼ばれる小児専門の集中治療室を舞台に、同枠で人気を博した「監察医 朝顔」シリーズのチームで臨むオリジナル。広大な土地ゆえに搬送までに時間を要し、大規模なPICUの運営が困難とされる北海道で、先輩医師と共に小児医療や医療用ジェット機の導入に奔走する主人公の姿を描く。

 吉沢が演じるのは、27歳の小児科医・志子田(しこた)武四郎。新設されたPICUに異動し、小児医療の現実に直面する。9月上旬のクランクインを控え「命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になる」と意欲。「人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ」と語る。

 「月9」のイメージについては「個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいお馴染(なじ)み感があるものだと勝手に思ってました」。その「座長」を務めることに「主演をやらせていただけるっていうのはもう、ありがとうございます。よろしくお願いします」と気合を入れていた。

 ◆「小児救急日本中に」

 〇…同局の金城綾香プロデューサーは、脚本家が吉沢をイメージし主人公をあて書きしたと明かし「小さな命の灯火(ともしび)をどうにか絶やさないように人生を懸けて力を尽くされている先生方の姿を通して、生活の温かさや命の大切さを少しでも表現していきたい」。医療監修の日本小児救急医学会理事・浮山越史杏林大医学部教授も「ドラマを通じて認知度が上がって、小児救急・PICUが日本中に広まり、全ての子どもたちが医療の恩恵を受けられるよう期待しています」と述べた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。