吉田麻也、シャルケ新加入の“儀式”は名曲を熱唱! 「ドイツ仕様」へ体重増やすプラン明かす(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

ドイツ1部シャルケに加入した日本代表DF吉田麻也が26日、同リーグを日本で放送するスカパー!のイベントにオンラインで参加した。実業家のROLANDとトークを展開し、8月5日に開幕する22―23年シーズンの意気込みを語った。

 シャルケ加入から約2週間で副主将を任され「ちょっと早いんじゃないかと思ったけど、これまでの経験を還元してほしい、チームのリーダーとして引っ張ってほしいと監督から言われた」。同クラブでは過去に元日本代表DF内田篤人さん、DF板倉滉(ボルシアMG)らが活躍し「日本人の評価がすごく高い。僕もすんなり入りやすくしてもらった。日本ブランドの評価を今以上に高められるように頑張りたい」と抱負を語った

 今月中旬のオーストリア合宿時に新加入選手の“儀式”として、チームメートの前で名曲「Stand By Me」を熱唱したという。「(周囲に)ウケはしなかったけど、その前にスピーチで『頑張って良いシーズンにしよう』と言って盛り上がったのでよかった」と笑顔を見せた。

 昨季までプレーしたサンプドリア(イタリア)時代は戦術的要素を優先するため、サウサンプトン(イングランド)時代よりも体重を落としていた。だが、「イタリアより体つきも大きい」というドイツでは球際の激しいコンタクトなどフィジカル的な要素が強く、体重を増やすプランがあるといい「2キロくらい。ボクシングの階級を変えるのに近い」と明かした。

 「シャルケでプレーするのが夢だった」と吉田。10数年前のオランダ・VVVフェンロ時代、同じ1988年生まれで当時シャルケに所属していた内田さんの姿に憧れたという。「いつも内田選手の輝かしいキャリアを見てた。ピッチを離れれば仲間で友達ですごく近くにいるのに、僕は小さいクラブ、彼は毎試合6万人が入るスタジアムでプレーし、欧州CLを戦っていた。いつかこういうところでプレーできたらと、頭の片隅にあった」と語った。

 ドイツ1部は今季、板倉やMF堂安律(フライブルク)ら日本人9人がプレーする。吉田は「今までイギリス、イタリアであまり日本人と対戦する機会はなかった。ブンデスリーガは日本人が多いので、彼らと対戦するのがすごく楽しみ」と声を弾ませた。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。