J2大宮、MF三門雄大がJ3今治へ完全移籍 21位に沈むシーズン途中に主将が異例の退団へ(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

J2大宮の主将MF三門雄大(35)がJ3今治に完全移籍することが25日、分かった。

 三門は流通経大から新潟、横浜M、福岡を経て、18年に大宮入り。20年から主将(シーズン途中就任含む)を務めてきた。今季は負傷の影響もあり、リーグ戦出場は13試合のみ。相馬直樹監督が就任後の6月以降は9戦連続ベンチ外だった。28節を終えてJ3降格圏の21位に低迷する中、シーズン途中に精神的な支柱である主将がチームを離れる異例の事態となった。

 元日本代表監督の岡田武史氏が会長を務める今治は現在、J3で8位。三門はJ2昇格を目指すクラブで新たなキャリアをスタートさせる。

コメントは受け付けていません。