逸ノ城初優勝「めっちゃ喜んでいると思う。親に連絡するのが本当に楽しみ」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆大相撲 ▽名古屋場所千秋楽(24日・ドルフィンズアリーナ)

 西前頭2枚目・逸ノ城(29)=湊=が、初優勝を果たした。同3枚目・宇良(30)=木瀬=を寄り切って12勝3敗。トップで並んでいた横綱・照ノ富士(30)=伊勢ケ浜=が敗れてVが決まった。新入幕でいきなり優勝争いを演じ“怪物”と呼ばれた逸材。新型コロナウイルス禍で休場力士続出した荒れた場所で、悲願の初賜杯をつかんだ。

 ◆逸ノ城に聞く

 ―優勝が決まった瞬間は支度部屋で。

 「そうですね。もう一番取れるようにと、心の準備はしていた」

 ―スピード出世も新入幕から初Vまで長かった。

 「今回はそれ(優勝のチャンス)を逃さずに、優勝できて本当に良かった」

 ―ヘルニアで苦しんだ。

 「本当に歩くどころじゃなくて、横になれないし、横になったら立つこともできない。(復活は)みなさんのおかげ」

 ―コロナで休場者も多かった異例の場所だった。

 「自分もコロナにかかって場所に出られなかったこともあったので、うがい、手洗い、アルコール消毒を自分なりにしっかりやっていた」

 ―モンゴルにいる両親も喜んでくれているのでは。

 「めっちゃ喜んでいると思う。最近は2、3日連絡してない。目の前のことにいっぱいだったので、今日は親に連絡するのが本当に楽しみ」

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。