<高校バスケ>インターハイ注目選手紹介/関東編(月刊バスケットボール)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:月刊バスケットボール

7月27日に開幕する四国インターハイ。そのカウントダウン企画第2弾は、関東の注目選手を紹介する。

[写真]関東の注目選手

 男子で外せないのが、正智深谷(埼玉)のルーニー慧(3年/G/183cm)。今回が11大会連続14回目の出場となった強豪・正智深谷において1年時からスターターとしてコートに立つルーニーは、自身で「ミニバスの頃から全ポジションをやっていて、内外角から点を取れるところが持ち味です」と言うように、どこからでも得点できるのが魅力。さらに、今年度はU17日本代表としてワールドカップに出場するなど経験も積み、相手に応じてプレーを使い分ける状況判断のクレバーさも身に付けてきた。来る四国インターハイでは、得点嗅覚の優れたスコアラーがどんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。

 そして得点力という点では、八王子学園八王子(東京)の北見凛太朗(3年/SG/176cm)にも注目だ。205cmの留学生ンジャイ・ムハマドゥ・ムスタファがインサイドで強さを発揮するからこそ、北見が滑らかなフォームから放つ高確率の3Pシュートが相手にとっては脅威となる。また、最近はフィジカル強化にも取り組み、外を警戒されるとドライブで切り込む力強さも少しずつだが見せるようになった。八王子学園八王子は昨年のインターハイベスト16、ウインターカップベスト16と悪くない戦績を残しているが、その壁を越えてベスト8以上に行くには北見のシュート力が欠かせない。

 女子では、明星学園(東京)の池田凜(3年/PG/165cm)が活躍の予感。高い運動能力を持ち、多彩なパスワークと鋭いドライブを武器に昨年から正司令塔として活躍してきたが、今年はシュート力もアップ。明星学園には池田同様にスピードとシュート力がある梅村成理、ミドルや3Pを高確率で沈めるシューター鶴丸聖奈、195cmの長身を生かしインサイドで強さを見せるだけでなく走ることもできるアダム・アフォディアとタレントがそろっているが、そうしたブレイクの起点となるのが池田。トランジションゲームを信念とする青木良浩コーチも「池田のボールを前に飛ばす推進力には目を見張るものがあります。彼女のスピードを生かしたブレイクを戦い方の柱にしたい」と四国インターハイに臨む。

 東京都予選ではその池田のいる明星学園に敗れたものの、2位で全国ヘの切符を手にした八雲学園の薮未奈海(3年/SF/178cm)も高いポテンシャルを持っている。両親ともに日本リーグ(現Bリーグ)やWリーグでプレーしてきた実績を持ち、祖母はミニバスの指導者というサラブレッドの武器は、高いシュート力。2年生のころから主軸として経験を積み、昨年のウインターカップでは平均26.3得点をマークした。キャプテン兼エースとして臨む四国インターハイでは、高木優子コーチの「得点源になってもらわないと困る」という期待に応え、チームを上位に導けるかに注目だ。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。