【巨人】小林誠司、衝撃の球宴初打席初球弾がバズりまくり…「テレビ朝日野球」ツイッター動画に反響続々(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイD、27日・松山)のプラスワン投票で選出された巨人・小林誠司捕手(33)が、2017年の球宴で放った「初スイングホームラン」の動画が、「テレビ朝日野球」のツイッター(@tvasahibaseball)

で公開され、野球ファンから熱い感想が続々投稿されている。

 小林が初選出された同年7月15日の第2戦(ZOZO)。「9番・捕手」でスタメン出場すると、3回2死の初打席で金子千尋の初球144キロを完璧に捉え、左翼席へ豪快に放り込んだ。球宴初打席で初球弾は1970年のロッテ・有藤以来47年ぶりで、史上4人目となる快挙だった。

 その年の前半戦、チームでは251打席ノーアーチと振るわなかっただけに、全セのコーチとしてベンチ入りしていた高橋由伸監督(当時)から「シーズンで打てよ!」と頭を叩かれたシーンは、爆笑とともにファンの記憶に残っている。

 今年の球宴2試合を生中継するテレ朝では「オールスター名場面」として、この動画を紹介。「お祭り男の1スイング、注目です」と記している。

 これにはファンから「由伸監督の頭パコンが強めでしたね」「オールスターやWBCでは持ってくSEKAI NO KOBAYASHIです」など、温かいメッセージが寄せられている。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。