大谷翔平が6回1安打無失点11K 日本人初5戦連続2ケタK達成…両軍無得点も10勝目なるか(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ ブレーブス―エンゼルス(22日・アトランタ=トゥルイスト・パーク)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が22日(日本時間23日)、敵地・ブレーブス戦に「1番・投手」でスタメン出場。6回終了時点で1安打無失点、11奪三振の好投を見せている。5試合連続2ケタ奪三振は、日本人史上最長となった。

 悪天候の影響で55分遅れて始まった試合。初回先頭の1打席目は遊ゴロに倒れたが、1回裏は先頭のアクーニャ、スワンソンから連続三振を奪うなど3者凡退の好発進を切った。2回は先頭のライリーに左翼線への二塁打を浴びるも、続くダーノーを100・3マイル(約161・4キロ)直球で見逃し三振。2死三塁としたが、オズナに対してメジャー公式戦で自己最速となる101・2マイル(約162・9キロ)を計測するなど三ゴロに打ち取った。

 3回2死走者なしの2打席目は空振り三振に倒れたが、3回裏は3者連続三振。4回も先頭のスワンソンから空振り三振を奪うなど3者凡退で抑えた。5回2死二塁の3打席目は左足に死球。苦悶(くもん)の表情を見せたが、5回裏もマウンドに向かった。すると先頭のダーノーのゴロをさばこうとした際にまたしても転倒。それでもしっかりと捕球、送球してアウトにすると、その後は2者連続三振を奪った。6回も2者連続三振を奪うなど3者凡退。両軍無得点ながら好投を続けている。

 ブレーブス戦は、メジャー5年目にして初対戦だ。ここまで15試合に登板して、9勝4敗、防御率2・38で123奪三振。6試合連続勝利、4試合連続2ケタ奪三振と最高の形で前半戦を終えた。この日勝利投手になれば、1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりの「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成し、日本人最長タイの7登板連続勝利をつかむことになる。

 ◆今日の大谷

 【打者】

1 遊ゴロ

2 空三振

3 死球

 【投手】

1 空三振、空三振、左飛

2 左二、見三振、二ゴ、三ゴ

3 空三振、空三振、見三振

4 空三振、中飛、投ゴ

5 投ゴ、空三振、空三振

6 空三振、空三振、遊ゴ

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。