パリSG・DFマルキーニョス「チームは10年前からかなり成長してる」…単独インタビュー〈1〉(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

日本ツアーを行っているフランス1部・パリSGのブラジル代表DFマルキーニョス(28)が22日、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。在籍10季目となるクラブの成長を強く実感し、悲願の欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)初制覇へ「ディテールが大事」と強調した。23日に親善試合・浦和戦(埼玉)に臨む。(取材・構成=星野浩司)

 18日には有料の公開練習にファン1万3370人、19日の川崎戦は国立競技場に6万4922人が集結。17日の来日から連日、各選手が多くのイベントに登場するなど“パリGGフィーバー”が続く。主将DFマルキーニョスは過密日程の疲れを見せず、終始笑顔で言葉を紡いだ。

 「日本に初めてチームと来たのでとてもハッピーだ。練習してもっとパフォーマンスを上げたいし、パリSGが何なのかを日本に見せたい。パリSGのジャージーがどんなものか、パリSGのカルチャーを見せたい」

 川崎戦はセンターバックとして62分間プレー。自身が交代後の終盤に失点したが、2―1で勝利した。計20選手が出場するなど、8月7日の今季開幕戦へ徐々にギアを上げる。

 「(日本で)初めての試合だからね。練習試合は2回目だけど、まだフィジカルフィットネスやいろんな意味でも調整はある。いい試合をしたと思うよ。いいチームだった。いろいろ難しい場面を作り出してくれた。我々としても少しずつ自信をつけて、(チームで)お互いに慣れる意味で日本で頑張りたい」

 2013年に加入して10季目。パリSGは過去10年でリーグ優勝9回と、フランス1部で圧倒的な強さを誇る。

 「パリSGはどんどん良くなっているクラブだ。僕が10年前に入ってからかなり成長したと思う。(19―20年は)CL決勝にも行った。負けてしまったけど…。もっと良くしていくべきだと思う」

 クラブの悲願である欧州CL初優勝を目指す。

 「難しい大会だからね。ただ単に勝とうと思って勝てるものじゃない。ハイレベルだし、ディテールが大事。いくらいいチームでも、ビッグネームがあるから勝てるものでもない。それだけのスキルがあって良いチームであり、あらゆる要素が揃わないと。まだまだ頑張らないといけない」

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。