拳王、最強決定戦「N―1」は「金剛で一番を決めるK―1になっちまうぞ」…ノア後楽園全成績(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆プロレスリング・ノア「STAR NAVIGATION」(22日、後楽園ホール)観衆442

 プロレスリング・ノアは22日、後楽園ホールで「STAR NAVIGATION」を開催した。

 メインイベントの6人タッグマッチでは、拳王、船木誠勝、中嶋勝彦の「金剛」が清宮海斗、小島聡、望月成晃と対戦。試合は中嶋が清宮をヴァーティカルスパイクで沈め、N―13連覇へ弾みを付けた。

 8・11横浜武道館で開幕する真夏の最強決定戦「N―1 VICTORY 2022」へGHCヘビー級王者の拳王は「今日の対戦相手、まったく相手になってないんじゃないのかよ」と切り捨て「今のノアの現状。俺がGHCヘビー級チャンピオン。そしてGHCナショナルチャンピオンは船木誠勝だ。そしてN―1、2年連続優勝者は中嶋勝彦だろ。何だよそれ、オイ。ノアで一番を決める大会、N―1なんだろ。誰も相手になるヤツいねぇじゃねぇか。これだったらよぉ、金剛で一番を決めるK―1になっちまうぞ」と大会名の変更をも掲げた。

 続けて「まぁいいよ、敵と言えば中嶋勝彦、そして船木誠勝だ。あいつらを倒して俺が一番になってやるよ、N―1…いやK―1の一番になってやるからな」と誓っていた。

 「N―1」出場選手は以下の通り。

 ◆Aブロック

拳王、藤田和之、潮崎豪、田中将斗、望月成晃、鈴木秀樹、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、アンソニー・グリーン

 ◆Bブロック

船木誠勝、清宮海斗、中嶋勝彦、杉浦貴、マサ北宮、小島聡、ティモシー・サッチャー、ジャック・モリス

 7・22後楽園大会の成績は以下の通り。

 ▼メインイベント6人タッグマッチ

拳王、船木誠勝、〇中嶋勝彦(18分52秒、ヴァーティカルスパイク↓片エビ固め)清宮海斗●、小島聡、望月成晃

 ▼タッグマッチ

〇田中将斗、HAYATA(13分32秒、スライディングD↓片エビ固め)征矢学●、近藤修司

 ▼6人タッグマッチ

〇ニンジャ・マック、アンソニー・グリーン、小峠篤司(12分52秒、胴締めスリーパーホールド)ダンテ・レオン●、YO―HEY、スタリオン・ロジャース

 ▼6人タッグマッチ

NOSAWA論外、Eita、鈴木鼓太郎(7分47秒、逆エビ固め)小川良成、進祐或、藤村加偉●

 ▼タッグマッチ

〇原田大輔、吉岡世起(10分47秒、片山ジャーマンスープレックスホールド)タダスケ●、大原はじめ

 ▼6人タッグマッチ

マサ北宮、谷口周平、稲村愛輝(9分33秒、サイトースープレックス↓体固め)杉浦貴、モハメド・ヨネ、齋藤彰俊●

 ▼シングルマッチ

〇スペル・クレイジー(8分48秒、サムソンクラッチ)Hi69●

 ▼シングルマッチ

〇稲葉大樹(7分49秒、逆エビ固め)岡田欣也●

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。