「格闘技の祭典」で大仁田厚と歴史的な異種格闘技戦…青柳政司さん伝説(4)プロレス参戦【週刊プロレス】(BBM Sports)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:BBM Sports

7月6日、空手家でプロレスラーの青柳政司さんが永眠。享年65。青柳さんは「誠心会館」の館長であり、生前は「青柳館長」の呼び名で親しまれた。1989年10月、FMW旗揚げ時に大仁田厚と抗争を繰り広げ、そこからプロレス界に本格参戦。新日本、NOAH、プロレスリング・マスターズで活躍してきた。

【写真】2021年8月、FMWE大阪大会が青柳政司さんの現役ラストマッチとなってしまった

青柳さんのご冥福をお祈りして、生前の2014年に週刊プロレスで語っていた半生を紹介。第4回目はプロレスデビューについて。

コメントは受け付けていません。