新日本初の60分フルタイム…アントニオ猪木vsビル・ロビンソンは“プロレス者”へ投げかけた“底が丸見えの底なし沼”新日本プロレス歴史街道50年(47)【週刊プロレス】(BBM Sports)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:BBM Sports

昭和の時代、一流レスラーの条件の一つとして60分フルタイムを経験しているかがあった。時代が平成に移ってからは試合展開もスピードアップし、制限時間60分の闘いはタイトルマッチやスペシャルマッチなどごく一部に限られるため、その条件も自然消滅してしまった感が強いが、1時間闘えるだけのスタミナを備えていてこそ真のトップレスラーであるとの考えが強かった。しかし、実際はそれだけでなく、決着がつかずとも観客を満足させる技量も求められる。ここでは新日本プロレス50年の歴史における60分フルタイムマッチを振り返る。

【蔵出し貴重写真】ビル・ロビンソンの芸術的なダブルアーム・スープレックス

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。